不必要な歯を抜く|歯の悩みは歯科で解決しよう|今よりも笑顔になれる

歯の悩みは歯科で解決しよう|今よりも笑顔になれる

不必要な歯を抜く

woman and boy

抜かなくて良いこともある

親知らずとは、永久歯が生えそろった後に一番奥の歯に出来る歯のことで多くの場合は抜歯する必要があります。奥歯は前歯に比べても歯磨きがしにくく、虫歯になりやすいことから親知らずも虫歯になりやすいです。また、まっすぐと生えていればよいですが多くの場合は斜めに生えたり歯茎に食い込んだ形で生えるなど他の歯に影響することもあります。噛み合わせが悪くても痛みが出たり、化膿したりすることがあるのでその場合は抜歯した方が良いでしょう。しかし、まっすぐに綺麗に親知らずが生えている場合は特に抜歯をしなくてもそのまま温存することも可能なので自分の歯の生え方などに合わせて抜歯をするべきかどうかを選択する必要があります。

血のかさぶたを作る

親知らずを抜くと、歯茎から出血し傷口が出来るので傷口が大きいのであれば場合によっては縫合して縫い合わせることもあります。大体一週間くらいで抜糸が行われることが多く、痛みもなくなり自然と治りますがなかなか状態が良くならず痛みが続くこともあります。そういった場合は、抜歯をした部分に通常出来るはずの血のかさぶたがとれてしまっていることがあります。かさぶたが出来ることで、傷口の回復が早くなりますがかさぶたが上手く出来なかったり途中で壊れてしまうと傷口の治りが遅くなることがあります。そのため、うがいなどは強くやり過ぎないようにして血のかさぶたを維持出来るようにします。必要に応じて、病院で痛みどめをもらったり再度軽く出血させることも大事です。